2017年もよろしくお願いいたします。

20170103


今年は穏やかなお正月でしたが

みなさま方におかれましては

どのようなお新年をお迎えになられましたでしょうか。



me16.gif




我が家は昨年末、義姉が亡くなり

今年はしんみりとしたお正月でした。

年賀状は一部送ってしまったもの、そして、結局亡くなったので

出さなかった人など、年末のあわただしさも手つだって混乱しました。

お節料理はすでに注文していたので

喪中ながら、お節をいただく羽目に・・・




goaisatu20170104.jpg 
今年は酉年と言うことで
20数年前に作ったフクロウのパッチワークを飾ろうと…思ったら
20数年分の埃で汚れていたので軽く手洗しましたら
布があっちこっち破れ中の綿が出てしまいました。
人も、布も、年月とともに衰えていくのですね~。


me16.gif


義姉の初七日法要も終わり、

これから7日、7日ごとに四十九日までお寺さんが法要に見えます。

菩提寺から、6日目の夕方5時にお寺さんが見えて、お経を唱え、

その後、簡単な夕食を出し

翌日の7日目には朝8時にお寺さんが見え、

お経の後はまた簡単な朝食をお出しし

これが前日の夕方、翌日の朝と、四十九日まで7回続きます。

なので、実家には喪主である義兄と、義母が食事の支度、

そしてお参りをするのですが

昔からの儀式とは言え、お参りいただく方としては結構大変です。

3年前に無くなった義父の時も同じことが行われました。


sumire.gif


お正月が過ぎ、あれから10日も経ったと言うのに

何だか、今も義姉が亡くなったと言う実感がわかず

「○○さん・・」と、私を呼んでいた声が今も耳に残っていて

彼女の存在感は私の中でしっかりと残っています。

子供のいない義兄夫婦だったので、義兄は入院中も毎日病院に通い

そして、亡くなってからいろいろな手続き、

義姉の亡骸を神戸から山口まで運んでくる手配

山口での葬儀の準備、など

めまぐるしいほどの作業に悲しむ間もなく、疲労困憊だったと思います。

そして、初七日を過ぎて、やっと義兄も改めて義姉の死を正面から受け止め

悲しみが一層募ったのではないかと・・・、

日が経つにつれ、

言いようのない寂しさと悲しみが襲ってくるのだろうと思うと

私達兄妹が支えて上げないとと、思う今日この頃です。

こんな悲しみの中で新年を迎えた私ですが

いつまでも悲しんでいては義姉も気にかかると思いますので

いつもの平穏な日常へと移行しなければと思っています。





今年もこれまで同様、日々の私事を綴っていきますので

どうぞよろしくお願いします。



+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

No title

新しい年が始まりました♪
年末にお義姉様とのお別れがあって
寂しく、落ち着かない日々だったこととお察しいたします
お義母様もお力落としのことでしょう・・・
なかなか難しいでしょうが、段々にいつもの暮らしに戻って下さいね
今年もよろしくお願いいたします(*v.v)

No title

Akkoさん。。
こんばんは~。
ありがとうございます。
義母、義兄をはじめ、みんな覚悟はしていたことですが
やはり、その時が来た時は、大きな悲しみでした。
義姉は気丈に、みんなに挨拶をして逝きました。
クリスマス後はそれぞれの家族が神戸に行き息のある時に会えたので
義姉と話すこともできました。
これからは、私が残された嫁として尽くしていかなければと思います。
悲しみは仕舞って、いつもの生活に戻ることを義姉も願っていると思いますので
これからはいつも通り、明るく過ごしていきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願いします。
非公開コメント
プロフィール

sion

Author:sion

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR

Pagetop