お嫁さん(あなた)のこと、娘のように思っています

20160324

先日、長男のお嫁さんから「今日、いらっしゃいますか?

もし都合がよければお昼過ぎに私だけおじゃましてもいいですか?」と

メールが来ました。

夫は試合で朝から出かけていて、私だけだったので

「どうぞ、どうぞ」と返信しました。

お茶菓子もないので、

冷蔵庫のイチゴで、ロールケーキを焼くことにしました。


Strawberryrollcake160321a.jpg


2時過ぎ、お嫁さんが「これ、○○さん(長男のこと)が、お母さんに」と、

長男からのホワイトデーのお返しらしき包みをくれました。

今、インフルエンザで2。3日前から会社を休んでいるとかで、

ホワイトデーのお返しを持って行かなきゃと気にしていたので

お嫁さんが代わりに持って来てくれたようです。

いつも夫婦で来るので、お嫁さんと二人っきりで

ゆっくり話すこともなかったのですが

何だかいつもと違う感じで、姑と嫁と言う感じではなく

女同士のトークになりました。

3月で仕事をやめるお嫁さんですが、次の仕事をどうするか・・・など

色々悩んでいる様子でした。

話をしていくうちに、

彼女は子供を授かりたいと言う気持ちがあると言うことがわかりました。

結婚3年になる長男夫婦ですが、

私は赤ちゃんのことを一度だって口にしたことはありませんでした。

彼女が言いました。

「お母さんが、子供のことを聞かれなかったことがすごくありがたかったです」と。

結局、長男夫婦としては、子供を授かりたいと言う気持ちだったようです。

私は、子供はあえて、いらないと思っているのか、

それとも、欲しいけどできないのか・・

それすらわからないので、

むやみにそう言う話はしないようにして来たのでした。

子供が欲しいのにできない場合、私が「子供はまだ?」なんて聞くと

どんなに辛いかと言うことは手に取るほどわかるし、

二人で子供はやめておこう、と言う気持ちなら

私が、「子供はまだ?」って聞くと、

それは彼等にとって辛い質問になるだろうから。

でも、お嫁さんの気持ちがわかって

私の心配は一気に解消されました。


お嫁さんが

「実家の母が子供のことをよく聞くんです。

そして、○○さん(長男のこと)のお母様からも言われない?」って。

それで、「そう言う話はされたことがない」と、答えると

「お母様も、あなたを気遣ってくださっているんだよ」って言っていました。

なんだか、いつもに増して、

一気にお嫁さんとの距離が縮まったような気がしました。

pansy160324.jpg


彼女たち夫婦の気持ちがわかったら、後は、私たちも祈ってあげるのみです。

彼女はずっと、婦人科で治療している話もしてくれました。

心から応援していますよ。でも焦らずに。。ね。

お嫁さんは、私にとって、もう一人の娘です。

sumire.gif


先日、美祢の方に用があり出かけました。

その帰り、せっかくここまで来たのだからと

秋吉台まだ足を延ばしました。

今年はお天気や風の状態で、いつもの「山焼き」が遅れました。

なので、草原はまだ、焼け焦げたままでした。

所々に、石灰岩の塊がにょきにょきと地面から顔をだし

まるでオブジェのように並んでいました。

akiyosidai.jpg
akiyosidai2.jpg


これからみどりが美しくなる時期、

この台地も青々とした草で包まれるでしょう。




+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは
優しいお義母さんですね
解りますよ
我家も3年ぐらいできなくて。。。
でも、おかしなもので諦めてるとすぐに授かりました。
その後はすぐに二人目が出来ました。
静かに見守ってあげて下さいね
秋吉台、最近はご無沙汰です
いつか行ってみますね

No title

まだまだ冬模様の秋吉台もいいですね~
空が広くて自分の心も広がって行くような・・
北海道の好きな場所を連想させてくれます^^

仲良し若夫婦に更なる幸せと、親としての苦労が訪れることを祈ってます(笑

No title

himawariさん。。

こんばんは~☆
himawariさんのところもそうでしたか・・
なかなか姑の立場からだと、そう言うデリケートな話は
聞けないものですね。
出来たらそのとき教えてくれるだろうから、それまで待っていようと
ずっと思ってきました。
途中、もしかしたら息子たちは子供は持たないで二人だけの生活を
大事にしようと言う生活設計なのかな?とか。。
そんなことを考えたり、だから余計に私達から聞くことはやめようと
思って過ごしてきました。
でも、先日、お嫁さんの方から、子供が欲しいので、再就職を考え中なのです・・と聞かされ
驚きと、喜びと…^^
あとは、静かに見守ってあげたいと思います。
そうですね、himawariさんのところのように、意外に恵まれるかもしれませんね。
秋吉台、himawariさんのテリトリーですね^^
もう少ししたら、草も生えてきれいでしょうね。
いつもコメントありがとうございます。

No title

こじゃさん。。

こんばんは~☆
山焼きの跡が残っていて、少しさみしい秋吉台でしたが
もう少しすると草も生えてきて、青々とした秋吉台になるでしょうね。
これから空が美しい季節、青い空と緑の台地、そうそう、北海道みたいに・・^^
規模としては少しミニサイズですけどね^^
新幹線も開通し、北海道も地上からでも近くなりますね。
こじゃさんは北海道のお気に入りの場所があるのですね。
私は一度しか行ったことがないので、また機会があったら行ってみたいなぁ。
富良野とか、それこそ広い大地の見える場所に^^
息子夫婦に更なる幸せ・・・ありがとうございます。
私もそう願っています。
コメント、ありがとうございました。

No title

sionさん こんにちは~

今回の記事、とても為になりました。
我が家の息子たちも ご縁があればいつかは私もお姑さんの立場になることと思います。

そっと見守ることが 大切ですね ^^

良い知らせが届きますこと 私もお祈りしています。^^

No title

息子と娘を持つsionさん、私も同じですが。
娘とお嫁さん(他の呼び方はないものか?といつも思いながら…)は違いますね
良い意味で、違います^^
娘とは違っている所を誉めていると、娘は複雑なようです^^
お嫁さんには気を配ることが何より大切な事ですね
sionさんは心得てられて、お嫁さんも良い姑さんで幸せだと
心から思ってられるでしょう
嬉しい知らせの届く日が楽しみですね(^_−)−☆

No title

hanaさん。。

こんばんは~☆
私の記事がhanaさんにとってためになると言うか
一つの例として採っていただければ嬉しいです。
我が家、娘も1年ちょっとできなかったのですが、意外に娘には
遠慮なく聞いていました。
ですが、お嫁さんにはそれでなくてもお嫁さんの立場って
姑には気を使っていると思うのですよね。
なので、こちらの方が少し気を使わないと。。と思っていました。
そっと見守る・・ほんと、そうですね。それが一番だと思いますね。
体力的にも年齢的にもお嫁さんには不安があると思うのですが
それ以上に、こちらが余計な気を使わせることがないようにとそれだけを思っています。
いつもコメント、ありがとうございます。

No title

AKKOさん。。

こんばんは~☆
そう言えば、AKKOさんのとこも娘さんがいらっしゃって
息子さんがお二人、人数、性別は我が家と同じですね^^
我が家は娘が先に結婚し、2年目に最初の子供を出産しました。
それほど、私も心配はしませんでしたが、やはりお嫁さんとなると
娘のようにはいきません。
自然体で付き合っていますが、それでも、娘への対応とは違い少し
気を使います。
実母と義母では少し遠慮もいります。これは仕方ないことですよね。
ですが、お嫁さんはとてもピュアな人柄で、素直な性格なので
私はとても気に入っているのですよ^^
私にないおっとりしたところが好きです^^
彼女の努力が実ることを願っています。
いつもコメント、ありがとうございます。

No title

おはようございます♪
お嫁さんとのいい関係って・・・普段は干渉せずにいて
なにか言ってきたらこたえるって感じですね~
我が家も性格のまったく違うふたりのお嫁さんがいますが
それぞれに楽しく付き合っています
仕事していた頃親子ほどの年齢差の人と仕事していたとの
気持ちは似ているような・・・言葉だけ少し選んでますが
それ以外は素のままの付き合いです。
お嫁さんが実家との付きあいもフランクに話してくれるので
それもいい関係かなぁ~
sionさんのような関係がとってもいいですね!私もそうでありたいわ~

No title

nikoさん。。

こんにちは~♪
いいお天気です。でも、これから曇るようですが・・
そう言えば,nikoさんのお宅も2人お嫁さんがいらっしゃいましたね。
よく一緒に食事に出かけられたり、とても仲のいいお嫁さん、お姑さんだと
読ませていただいていましたよ。
共通の話題があるって言うのがいいですよね。
娘が増えたって言う感じで受け止めているので、手前味噌になりますが
彼女も素直に受け取ってくれていると思います。
nikoさんのお宅もお嫁さんとの関係が自然な感じでいいですね。
以心伝心という言葉がありますが、お互いの気持ちは通じるのかもしれませんね。
いつもコメント、ありがとうございます。
非公開コメント
プロフィール

sion

Author:sion

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR

Pagetop