お嫁さん(あなた)のこと、娘のように思っています

20160324

先日、長男のお嫁さんから「今日、いらっしゃいますか?

もし都合がよければお昼過ぎに私だけおじゃましてもいいですか?」と

メールが来ました。

夫は試合で朝から出かけていて、私だけだったので

「どうぞ、どうぞ」と返信しました。

お茶菓子もないので、

冷蔵庫のイチゴで、ロールケーキを焼くことにしました。


Strawberryrollcake160321a.jpg


2時過ぎ、お嫁さんが「これ、○○さん(長男のこと)が、お母さんに」と、

長男からのホワイトデーのお返しらしき包みをくれました。

今、インフルエンザで2。3日前から会社を休んでいるとかで、

ホワイトデーのお返しを持って行かなきゃと気にしていたので

お嫁さんが代わりに持って来てくれたようです。

いつも夫婦で来るので、お嫁さんと二人っきりで

ゆっくり話すこともなかったのですが

何だかいつもと違う感じで、姑と嫁と言う感じではなく

女同士のトークになりました。

3月で仕事をやめるお嫁さんですが、次の仕事をどうするか・・・など

色々悩んでいる様子でした。

話をしていくうちに、

彼女は子供を授かりたいと言う気持ちがあると言うことがわかりました。

結婚3年になる長男夫婦ですが、

私は赤ちゃんのことを一度だって口にしたことはありませんでした。

彼女が言いました。

「お母さんが、子供のことを聞かれなかったことがすごくありがたかったです」と。

結局、長男夫婦としては、子供を授かりたいと言う気持ちだったようです。

私は、子供はあえて、いらないと思っているのか、

それとも、欲しいけどできないのか・・

それすらわからないので、

むやみにそう言う話はしないようにして来たのでした。

子供が欲しいのにできない場合、私が「子供はまだ?」なんて聞くと

どんなに辛いかと言うことは手に取るほどわかるし、

二人で子供はやめておこう、と言う気持ちなら

私が、「子供はまだ?」って聞くと、

それは彼等にとって辛い質問になるだろうから。

でも、お嫁さんの気持ちがわかって

私の心配は一気に解消されました。


お嫁さんが

「実家の母が子供のことをよく聞くんです。

そして、○○さん(長男のこと)のお母様からも言われない?」って。

それで、「そう言う話はされたことがない」と、答えると

「お母様も、あなたを気遣ってくださっているんだよ」って言っていました。

なんだか、いつもに増して、

一気にお嫁さんとの距離が縮まったような気がしました。

pansy160324.jpg


彼女たち夫婦の気持ちがわかったら、後は、私たちも祈ってあげるのみです。

彼女はずっと、婦人科で治療している話もしてくれました。

心から応援していますよ。でも焦らずに。。ね。

お嫁さんは、私にとって、もう一人の娘です。

sumire.gif


先日、美祢の方に用があり出かけました。

その帰り、せっかくここまで来たのだからと

秋吉台まだ足を延ばしました。

今年はお天気や風の状態で、いつもの「山焼き」が遅れました。

なので、草原はまだ、焼け焦げたままでした。

所々に、石灰岩の塊がにょきにょきと地面から顔をだし

まるでオブジェのように並んでいました。

akiyosidai.jpg
akiyosidai2.jpg


これからみどりが美しくなる時期、

この台地も青々とした草で包まれるでしょう。




+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

sion

Author:sion

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR

Pagetop