絵本の世界へ…

20161116

友人の誘いで「ピーターラビット展」に行ってきました。

ピーターラビットと言えば、子供たちが幼い頃、

本を買って読んであげていた頃を思い出します。

ピーターの家族や他の動物たちが可愛く描かれ

優しい文章が読みやすい本でした。


その懐かしさも手伝って、誘いに応じることにしました。

次男の送りは夫に頼み、朝7時過ぎに家を出て

友人と駅で待ち合わせ新幹線で一路博多へ。

博多と言えば、先日の道路陥没事故。

あれから一週間、急ピッチの復旧工事を終え

私達が博多に出かけた日の朝5時に開通したとのニュース。

どんな風になったのかと、やはり気になりました。


博多駅から地下鉄で福岡県立美術館へ直行。

「日本で初の大規模な原画展」と、パンフレットには書いてありました。

peterrabbit1.jpg


見慣れた絵本の絵とはまた違った雰囲気の原画。

作者 ビアトリクス・ポターの生涯も合わせて感じることができ

じっくり見て回ったので、美術館を出ると2時間と言う時間が経っていました。




peterrabbit2.jpg 

このカップをはじめ、ノート、コースター、ペーパーナプキン
クリアファイル、ピータラビットの絵のついた自分の名前のスタンプなど
ピータラビットのグッズをたくさん買い込みました。


昼食を終え、デパートではウィンドウショッピングをし

「アフタヌーンティー」でお茶をして、久しぶりの都会を満喫しました。

博多駅に行く前に、先日の事故現場に行ってみると

朝のニュースの通り、すっかり元通りになって、たくさんの車が往来していました。


hukuokaekimae.jpg



余りの早い復旧に、大丈夫なのかなぁと、感じるほどでしたが

たくさんの人たちが交代で日夜頑張られたとのこと

2度とこのような事故がないことを祈りました。

都会はすっかりクリスマスの準備ですね。

夜になればきれいなんだろうなあと思うくらい、

たくさんのイルミネーションの準備があり

夜景も気になるところでしたが、そうはいかないのが主婦

夕方には自宅に戻りました。




+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

長崎へ・・

20161019

10月14日から始まった「ねんりんピック2016」。

今年の開催地は長崎県でした。

ちなみに昨年は山口県が開催地でした。

夫は「弓道」の部で参加です。

全国都道府県から70チームの参加で

試合はトーナメント方式で行われます。

夫は、先週末から山口選手団一行として出掛けて行きましたが

私は後を追うようにして今週の日曜日に車で出かけました。

高速道路を走るので、それほど時間はかかりませんが

それでも、やはり4時間くらいはかかったでしょうか、350キロ近く走りました。

ホテルに入るのは少し早いので、

途中の佐賀県の「波佐見焼」に寄ることにしました。

孫の茶碗を買う約束をしていたのでナビで検索しながら波佐見町に向かいました。

波佐見町は小さな町でした。

ところが、私の様な観光客も見当たらず、閑散としていました。

私はただ一つ、「白山陶器」を目指しました。

で、やっとたどり着いたかと思ったら、「お休み」

hakusantouki.jpg

下調べをしてこなかった私が悪いのですが、せっかく立ち寄ったのに・・・(涙)

ちょっと悔しさもありました。

日曜日は開いてないのです。そう言えば、町が閑散としていたのも

日曜日はどの窯元もお休みだったからなのでしょうか。



仕方なく、そこからまた高速に乗り、一路予約している雲仙小浜のホテルへ。

夫たち山口県選手団は島原のホテルが宿舎でした。

なので、私も島原にホテルを取ろうと思いましたが

どこも満室で取れなくて。。仕方なく雲仙小浜に宿を取ったわけです。

海沿いの部屋の窓からは暮れゆく風景が素敵でした。


heyakaranohuukei.jpg


別館に大浴場の温泉もありますから・・と、フロントで説明も受けましたが

疲れてて、そこに向かうのも面倒くさく、部屋のお風呂で済ませました。

翌日、試合を見に朝から島原の弓道場まで出かけました。

くねくねとした道の山越えで30分くらいで到着。

こうして、3日間、試合の合間には街の散策や

島原城を見学したりと、時間を過ごしました。




simabarajyou.jpg  


往復800キロ近くよく走ってくれた私の車です。



 
tensyukakuyori.jpg




全国都道府県のたくさんの出場チームの中から、優勝を勝ち得たことは

私もですが、チームのみなさんの大きな喜びになりました。

nenrinpic20161017.jpg 
弓を引いているのが夫です。



今日は一日頭がボーっとしていましたが

疲れは今頃になって襲ってきたようです(^_^;)



+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村








プチ宮島観光?

20161004

夫が仕事で広島に出かけると言うので

ちょっと便乗し一緒に出掛けました。

夫の仕事が終わるまでの数時間、宮島に行ってみることに。

今年は異常な暑さで、今日も夏日のように蒸し暑い日でした。


宮島口からフェリーで10分。


miyajimaguti.jpg



宮島に到着です。

季節柄でしょうか、フェリーにはたくさんの修学旅行生が乗合い

それと外国人観光客も多かったです。

私自身、宮島に渡るのは20年ぶりくらいでしょうか。。

今回は時間つぶしと言っては、申し訳ないのですが

こんなことでもない限り、宮島を訪れる機会は無いと思うので

良い時間になったと思います。

何しろ、夫の仕事が2時間ちょっとで終わると言うので

そんなに長くはいられませんでしたが、懐かしさと・・それから異常な暑さで

ちょっとした思い出になりました。


me16.gif


船中で、隣に座った若い男性外国人。

スマホと、ガイドブックを手にしていろいろ調べている様子でした。

折角英会話教室に通っているんだし・・・

どうしよう・・・どうしようかな・・・と、ドキドキしながら

「Which country did you come from?」と、聞いてみたかった~。

でも、相手がペラペラと喋り出したらとてもじゃないけど私の英語力では

会話を続けられないのは目に見えているし・・

で、モジモジしながら、結局話しかけるのはやめました。

またとないいい機会だったのでしょうが・・残念!

桟橋を渡り、宮島に着いて、厳島神社、鳥居の方へと散歩がてらに歩いていきました。


sika.jpg 
osiri.jpg


途中で何頭かの鹿たちの歓迎?をうけながら・・・

鳥居は只今修復工事中?でした。


ootorii.jpg  


結局、回廊は渡らずじまいでしたが、もっと時間があるとき

今度は、桜の季節か・・モミジの季節の気候のいい時に来たいな・・と思いました。

お土産店の立ち並ぶ道を散策しながら

もみじ饅頭老舗のお店で、家用に少しばかりのお土産を。

このところ忙しかった分転換には丁度いいミニ旅行気分になりました。

次回は名物「あなご飯」を食べるくらいの時間に余裕を持って・・・是非!






+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村




この季節の思い出

20160831

とてつもない暑い夏がやっと終わったように思います。

ここ数日はすっかり涼しくなりました。

夜など風を冷たく感じます。

明日からはいよいよ9月です。

孫たちも長い休みが終わり、これからまた学校生活が始まります。



sumire.gif


私はと言うと、9月になると毎年思い出されるのが

10年近く前に行った富山県の「おわら風の盆」です。

この行事を知ったのは高橋 治 著「風の盆恋歌」と言う小説からでした。

直木賞受賞の作品と言うことで興味を持ち読んだものですが

ストーリーは別として、その中に登場する「おわら風の盆おどり」は

9月1日から三日三晩、町の中を踊り明かすと言うものでした。

三味線と胡弓が奏でるもの哀しいメロディーと、しわがれた声で唄う歌い手さん

それらの音に合わせて踊るり男女の踊り手さんたち。

文字の中からそんなイメージを起こしながら読んだものです。

me16.gif

ある年、偶然にも「おわら風の盆」に行く機会に恵まれ

憧れた「風の盆」を目にすることができました。

想像通りと言うか、それ以上の感動でした。

踊り手が見えないほどの大勢の人垣を分け入り

どっぷりと雰囲気につかりました。

me16.gif

毎年、9月が来ると、あ~今年も「風の盆」の季節だな・・・と思います。

私の住んでいるところからだと、相当の時間を要します。

北陸新幹線が開通したと言うものの

やはり遠いことに変わりありません。

この時期は宿も早々と予約しないと取れないと言います。

今はYoutubeで、このお祭りを楽しむことができるようになりました。

もちろん、実際の臨場感を得るには少々もの足りませんが

それでも、あの時見た記憶をを重ねることで

雰囲気を感じることができます。

そんなことを思いながら今は「おわら風の盆」を遠くに感じています。

green.jpg 




昨日、友人と久しぶりにランチに出かけました。

この友人と出掛けるのも何か月ぶりです。

彼女はとても勉強熱心で、今持っている技術の他にも

スキルアップの日々を過ごしていて、

なかなか時間を合わせて会うこともできないでいました。

でも、会うと、いつもの二人に戻って、お喋りに花が咲き

楽しいひと時になりました。

20160829b.jpg 
先付とデザート

lunch20160829a.jpg

大きなお椀に入っていたのが右に並んだ料理。
運ばれてきたときのインパクトと言ったら^^




+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
よろしければ
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村


日帰りの旅

20160217

「モネ展」を観に行ってきました。

今回はモネの息子が相続したモネのほぼすべての作品を

「マルモッタン美術館」に遺贈したと言われる

作品が展示されると言うことで観たかった催しでした。

何となく3月くらいまで・・って思っていたら、

今月の21日(日)までだったと言うことに気づき

慌てて行ったと言うものです。


moneten.jpg

青年期の初期の作品のデッサンから、モネの終期までの作品の中から

およそ90点の作品が並ぶと言う美術展でした。

モネと言えば、「水連」と言う程度の知識しかない私ですが

今回は睡蓮のモネの絵にたどりつく以前の

風刺画や、政治家などの似顔絵などから晩年までの

モネの絵画の生涯が展示されているものでした。

晩年は白内障で視力を奪われたにもかかわらず

見えない中で描かれた迫力のある作品など

モネの持つ天性の力を感じました。

sumire.gif


先日、尾道への旅行に行ったばかりなのに

それに続き、今回も日帰りとは言え、気持ちよく出してくれた

家族に感謝。

とても充実の時間が持てました。


朝は、7時過ぎの新幹線で、帰りは5時ごろの新幹線。。

帰りの新幹線では充実感と倦怠感が

交錯する一日の終わりになりました。


sumire.gif


先日のバレンタィンデー、次男も2人の女の子から

チョコを貰って帰りました。

valentineday2016c.jpg


ところが、次男はチョコレートがあまり好きではないので

私が代わりに頂きました^^

ホワイトデーは、母が責任を持って返しますね^^


☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆


孫に送ったゴリラのチョコ。。

蓋を開けて驚いた様子です。


valentinechoco1.jpg   valentinechoco2.jpg


「頭からかじろうか、お尻から?」と、悩んだようです^^




+++++++++++++++++++

最後まで読んでくださってありがとうございます。
ランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします☆


にほんブログ村




プロフィール

sion

Author:sion

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
QRコード
QR

Pagetop